--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-05

2月読了本

さよなら、そしてこんにちは (光文社文庫)』 荻原浩
世のため、人のため、そして家族のため、働き者の悲哀を描く、著者独壇場の傑作集。
(「BOOK」データベースより)
一篇はごく短く、やや物足りなさはありますが、気軽に読めてクスッとなったり、じんわりしたり。
冴えない毎日をユーモアに包んで描いた荻原氏らしい1冊。
軽やかなユーモアを交えて、家族に訪れる生と死や家族の絆を描いた「さよなら、そしてこんにちは」と
「ビューティフルライフ」が良かった。
溢れる情報とマスコミに振り回される人々をチクリと皮肉った「スーパーマンの憂鬱」「寿し辰の一番長い日」
「スローライフ」も良作。

しをんのしおり (新潮文庫)』 三浦しをん
「漫画の王国」に生れた小説家の乙女な日常生活。「読んで楽しく希望が持てる」、抱腹微苦笑ミラクルエッセイ。
(「BOOK」データベースより)
向かうところ敵なし!な妄想力に、またまた笑わせていただきました。
「中森明菜の歌には“発露されない恨み”がある」「初詣の列に並んで賽銭箱まであと5メートルの気分」など、
さりげなく核心をついた一節にうなずかされたりハッとさせられたり。
「次元五右衛門チェックシート」もかなりヒットでしたw
ちなみに私は次元派。キン肉マンならロビンマスク、スラムダンクなら小暮くんです。(どうでもいいですね…)

『語りかける中学数学』は、やっと中1の範囲が終わったところ。遅!
後でやり直そうと、練習問題で間違ったところに付箋をつけていたら、あっという間に付箋だらけに…onz

その他
『モモ』 ミヒャエル・エンデ
『ベイジン(上・下)』 真山仁
『ステップファザー・ステップ』 宮部みゆき
『神隠し』 藤沢周平
『佐藤可士和のクリエイティブ・シンキング』 佐藤可士和

↓ブログランキングに参加しています。皆様の温かな1ポチを!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

↓もひとつおまけに。


スポンサーサイト
プロフィール

本読み人M

Author:本読み人M
8割方活字でできています。
ミステリや時代モノといった
エンターテインメント小説が大好物。
摂取した活字の感想を
吐き出して参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。