--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-15

ヘヴン 川上未央子

「ヘヴン」はどこにある?

「僕とコジマの友情は永遠に続くはずだった。もし彼らが僕たちを放っておいてくれたなら―」
驚愕と衝撃、圧倒的感動。涙がとめどなく流れる―。善悪の根源を問う、著者初の長篇小説。
(「BOOK」データベースより)

平易な文章に、まずホッとしました。食わず嫌いしなくて良かったです。
何せ初・川上作品が『わたくし率 イン 歯ー、または世界』でしたからのう。一冊目の選び方って大切ね!

前半は、壮絶ないじめにあいながらも、ひっそりと寄り添う2人を応援してました。
“僕”がコジマに髪を切らせるシーンは、すごく良かったですし。
ただもー、暴力的なシーンが多いのが読んでて辛い。

そして…後半から、何だかコジマがコワイことに。神がかってきちゃいましたよ。
“僕”の斜視をまるで聖痕のように扱い、自らも同じように「しるし」を持とうとする。
“僕”の最大の理解者かと思いきや、
結局、彼女も自分の世界に“僕”を巻き込んでいただけだったのか…と哀しくなりました。
一方で、その一途さがまるで殉教者のようで痛々しくもあります。

結局、作者の言いたかったことは、百瀬の台詞に集約されているのでしょうか?
物事自体に善悪はないってこと?
「善悪の根源を問う」とは、えらく哲学的なテーマですが、
それを「いじめ」というモチーフで書くと、なんとも救いのない話に…。
いろいろと考えさせられる作品ではありますが、実際いじめにあっている子や、
過去あっていた人がこの作品を読んでも救われないだろうなぁ。それを目的とした作品ではないんでしょうけれども。
「BOOK」データベースの「圧倒的感動。涙がとめどなく流れる~云々」は、正直、言い過ぎだと思います。

「なあ、世界はさ、なんて言うかな、ひとつじゃないんだよ。(略)
 みんな決定的に違う世界に生きてるんだよ。最初から最後まで」

だから自分の世界を守るだけの「ちから」を身につけて、力ずくで他人を巻き込むしかないんだと百瀬は言う。
しかし最終的に“僕”はそれを拒否し、斜視の手術を受けて、美しい(しかし美しいだけの)世界を手に入れますが…。
「ある出来事」の後の、コジマや百瀬、二宮たちがどうなったのかは完全スルー。えええええ。
勧善懲悪万歳!好きな言葉は因果応報!のMとしては、モヤモヤが残るばかりでした。

しっかし百瀬よ、中学生で君みたいな人生観だったら、普通空しさのあまり自殺してると思うぞ。
(そもそも、こんな老成した…というかひねた中学生がいるかー!ということは置いといて)

「地獄があるとしたらここだし、天国があるとしたらそれもここだよ。ここがすべてだ。
 そんなことにはなんの意味もない。そして僕はそれが楽しくて仕方がない」

そんな人生、楽しいかねぇ。


ヘヴンヘヴン
(2009/09/02)
川上 未映子

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています。皆様の温かな1ポチを!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

↓もひとつおまけに。
スポンサーサイト

theme : ブックレビュー
genre : 本・雑誌

プロフィール

本読み人M

Author:本読み人M
8割方活字でできています。
ミステリや時代モノといった
エンターテインメント小説が大好物。
摂取した活字の感想を
吐き出して参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。