--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-24

ぼくのエリ 200歳の少女

(あらすじ:シネマトゥデイより)
ストックホルム郊外で母親と暮らす12歳のオスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生にいじめられていた。
ある晩、彼はアパートの隣の部屋に 引っ越して来たエリ(リーナ・レアンデション)という少女と出会う。
同じころ、近くの街では青年が逆さづりにされてノドを切り裂かれ、血を抜き取られると いう残忍な殺人事件が起きる。


雪の大地に滴る血。静謐な白と鮮烈な赤。そのコントラストが美しい。
オスカー役の子が持つ、雪景色に溶け込んでしまいそうなほど儚い雰囲気もいい。向こうの子は色素が薄いですなぁ。
対してエリ役の子は、正直そんなに可愛くない…。
でも、時々どっきりするくらい美しく、色っぽい!(どうやら血が足りなくなると老ける、という設定らしいです)

エリに比べると、オスカーはどうにも幼くか弱くピュア過ぎて…
恋に落ちたというより、魔に魅入られたという感じがしてしまいます。
まぁ、なんせ相手は200歳ですからな。


「少しでいいから、私を理解して」


殺さなければ生きられない、呪われた存在である自分。
老いることも、死ぬこともない自分。
エリは、ただただ自分を理解して、一緒にいてくれる人が欲しかったのでしょうけれど。
ポーの一族 (1) (小学館文庫)』のエドガーとアラン、『屍鬼〈1〉 (新潮文庫)』の沙子と静信を思い出しました。


「留まって死ぬか、私と逃げて生き延びるか」


オスカーには留まって、戦って欲しかったのですが…相手が悪過ぎましたねぇ。
これからはオスカーが、あの食料調達係のおじさんのように、エリのために血を集めることになるのか?!とも思いましたが、それならもっと頼りになる成人男性を選ぶよなぁ。
作中では、どちらかというとオスカーがエリに助けられているし。
いままで庇護される側だったエリが、これからはオスカーを守って行きて行くのだろうか。自ら人間を狩り、お金を奪って?
ラストシーン、オスカーの穏やかな笑顔が心に重い。

単なるホラームービーとは一線を画す良作でした。
でも流血が嫌いな人は要注意。(そういう人はヴァンパイア映画など観ないと思いますが…)
あ、あと首が飛んだりもするヨ★
スポンサーサイト

theme : 映画レビュー
genre : 映画

2012-01-08

明けましておめでとうございます(遅)

お正月は例年のごとく実家でダラダラしておりました。

写真は、母手づくりのベッドでくつろぐ、実家犬・トトロさん。
DSCN2540_convert_2012寝るトトロ

あごも乗せられるしー。
DSCN2523_convert_2012アゴのせトトロ

サイドにはおしゃれなリンゴマーク入りです。
DSCN2522_convert_2012リンゴマーク

そして、ごん太ツチノコ体型が、なぜかスッキリしてました。
どどどどどうしたの、とっちん!
DSCN2190_convert_2010のトトロ
2010年

DSCN2555_convert_2012のトトロ
2012年
まぁ、これが本来の柴犬体型なんですけれども。

食欲もありますしね。
DSCN2517_convert_2012じっと見る
「もうない…」



新年一発目の更新がこんなんですみません。
ここは本ブログではなかったのか…。
プロフィール

本読み人M

Author:本読み人M
8割方活字でできています。
ミステリや時代モノといった
エンターテインメント小説が大好物。
摂取した活字の感想を
吐き出して参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。