--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-25

平安妖異伝 平岩弓枝

禍つ気をも浄化する、雅楽の調べ。 

あらゆる楽器に通じ異国の血を引く少年楽士・秦真比呂が、若き日の藤原道長と、平安京を騒がせる物の怪たちに挑む。
怪しの物語十編。(「BOOK」データベースより)

再読です。平安&物の怪、という私にとっては、まさにストライクゾーンど真ん中な作品。
物の怪を制する武器が、楽器であり音楽であるのがまた雅でございますのう。
『陰陽師』に似た雰囲気ですが、もっと華やかな印象を受けます。
無理矢理長らえさせられていた桜の精を成仏させてやる「花と楽人」、
鼓の精が子犬の姿になって現れる「狛麿の鼓」が特にM好みです。
不思議な力を持つ少年・真比呂の、控えめで謎めいたキャラクターも良い。

…ただ、もう一人の主人公である藤原道長がイイ奴過ぎて、違和感を感じます。
「若き日の」という設定だからと言えば、まぁそれまでなんですけど…。
この好青年が後年、「この世は俺様のものー!満月が欠けることもないぜ♪」なんて歌を詠むようになるとは
思いたくない(泣)!

平安妖異伝 (新潮文庫)平安妖異伝 (新潮文庫)
(2002/09)
平岩 弓枝

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています。皆様の温かな1ポチを!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

↓もひとつおまけに。
スポンサーサイト

theme : ブックレビュー
genre : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは~♪

平岩弓枝サンっていうと、
江戸時代の人情モノっていう印象が強いなあ。
ですが!! 意外とそうではないんですね☆
この作品なんとも面白そうじゃあないですか!!

>物の怪を制する武器が、楽器であり音楽であるのがまた雅でございますのう。
美少年(勝手に妄想)に音楽とはまたこれは、平岩センセ良くわかっていらっしゃる。
限りなくエンタメっぽい感じがしてよろしいですなー♪

うわ,なんか怪しげな雰囲気にそそられますねぇ!
ちょっと読んでみたいぞ。。。
今度本屋さんに行ったら
探してみます~。

しかし,いい奴すぎる道長って,
確かに想像つかないです(笑)

異国の血を引く

ちょうど今怪しげな都市伝説本を読んでいて、そこに秦氏はユダヤ系の景教徒だった説が展開されていまして…
あらゆる楽器に通じ異国の血を引く少年楽士・秦真比呂!!というところに目が釘付けになってしまいました。
秦氏と道長がつるんでいたということは…日本の歴史って本当はどうだったんだろう?なんて考えちゃいます。
毎度おかしなコメントですみません。

>惺さん

> 平岩弓枝サンっていうと、江戸時代の人情モノっていう印象が強いなあ。
私も『御宿かわせみ』シリーズをいくつか読んだことがあるんですが…ぜんぜん雰囲気違いますよ~。
面白いです!
おっしゃる通り「限りなくエンタメ」って感じで。

>ももんがさん

> 今度本屋さんに行ったら探してみます~。
ファンタジーもの、時代ものがお嫌いでなければぜひぜひ♪
おすすめです。

> しかし,いい奴すぎる道長って,確かに想像つかないです(笑)
ですよね!
正義感にあふれ、政治的野心がない…そんな道長いるんかい!

>読書系女子さん

> ちょうど今怪しげな都市伝説本を読んでいて、そこに秦氏はユダヤ系の景教徒だった説が展開されていまして…
おおおお!日本人の祖先はユダヤ人説ってのも聞きますが、そんな説もあるんですね~。
でも、物語自体は別に陰謀渦巻く(笑)ようなお話ではないですよw
技術者集団としての秦氏が、時の権力者・道長とつるんでいたとなると…何かイロイロ黒いことがありそうですがv-40
プロフィール

本読み人M

Author:本読み人M
8割方活字でできています。
ミステリや時代モノといった
エンターテインメント小説が大好物。
摂取した活字の感想を
吐き出して参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。