--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-10

アラビアの夜の種族(1)~(3) 古川日出男

長く、濃密なアラビアの夜。 

フランス革命軍による侵略の恐怖に晒されるカイロ。
エジプト支配階級の一人であるイスマーイールに対し、奴隷秘書アイユーブはある秘策を提案する…。

惑溺のあまり己の身を滅ぼしてしまうという伝説の書物「災厄の書」を再現し、
敵方の将・ナポレオンに献呈するという、本読みにはたまらん設定です。
「禁断の書」とか「幻の書」とかいう単語には、抗い難い魅力がありますなぁ。

作品は、侵略の危機に瀕している「現在」と美しい語り部が紡ぎだす「物語」、2つの世界が入れ子になった
構成になっています。
異形のものたちが闊歩する地下魔境、魔神と契り強大な力を手にした王、
魔術を操る森の民に育てられたアルビノの青年…などなど「物語」部分は、剣と魔法の由緒正しきファンタジー。
しかし、このケレンミたっぷり、いかにも翻訳書(という「設定」なんだそうですが)らしい装飾過多な文体、
芝居がかった語り口は、やけに能天気な台詞回しとのギャップと合わせて、かなり好き嫌いが分かれるところでありましょう。
狂人たちが暮らす地下魔境の描写は、まるでバッドトリップ。
作者の奔放なイメージに感嘆するも…やはりダメな人はダメでありましょう。(ちょっとダメだったM)

1巻はこの世界に慣れるのに苦労し、2巻は割とスムーズに読了、3巻はチト食傷気味…って感じでした。
楽しく読めましたが…私にとっては、「災厄の書」というほどではなかったかな。

アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)
(2006/07)
古川 日出男

商品詳細を見る

アラビアの夜の種族〈2〉 (角川文庫)アラビアの夜の種族〈2〉 (角川文庫)
(2006/07)
古川 日出男

商品詳細を見る

アラビアの夜の種族〈3〉 (角川文庫)アラビアの夜の種族〈3〉 (角川文庫)
(2006/07)
古川 日出男

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています。皆様の温かな1ポチを!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

↓もひとつおまけに。


スポンサーサイト

theme : ブックレビュー
genre : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アラビアの夜の種族〈1〉

聖遷暦一二一三年のカイロ。ナポレオンが侵攻しつつある年らしい。ナポレオンの侵攻を止めるための秘策。それは、夢中になるような面白い本をナポレオンに献上しナポレオンを骨抜きにしちゃおうという計画。ち...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

面白そうですねーー!

いいですねー、これ。舞台といい設定といい、ゾクゾクものです。それって、きっとMさんのプレゼンテーション力なんでしょうけど。
3巻はちと長そうです。でもいつか読んでみたいです。

不思議な本☆

なになに~?
かなり設定が凝ってますね~。
でも少~し空回り気味なのでしょうか?
正統派ファンタジー路線は結構好きですが…。
作者サンも初めてで何とも不思議な本! という印象ですね☆


はじめまして、ノンフィクション作家の相楽総一郎と申します。

実は、この度、私のブログが書籍化されることになりました。


そこで、是非、当ブログの感想を、記事の中でご紹介して頂きたく

コメント致しました。


書籍化されるブログというのが、こちらです

⇒ http://ameblo.jp/nonfiction1 


率直な感想で構いませんので、是非とも、よろしくお願い致します。

>キヨハラさん

この設定は惹かれますよね!
ハードルを上げすぎたのか、読後の感想は「うーん…長かった」という感じでしたがv-356
独特の語り口に馴染めれば、すごく楽しめると思いますv-278

>惺さん

そうなんですよ~。
物語の内容もさることながら、作品そのものが古川氏がアラビアで見つけた
作者不明の物語を翻訳したという“設定”で、
前書きも後書きもすべて氏の“創作”なんだそうです。
(これらはネットで得た情報で、私は途中まで完全に“翻訳本”と思って読んでいましたが…)

面白い試みだとは思いますが、私はちょっと読み疲れてしまいましたv-356
私も正統派ファンタジーは好きなんですけどねぇ。

第1巻を読みました。
面白かったです!
すてきな作品をご紹介いただき、ありがとうございました。
トラックバックさせてください。
よろしくお願いします。

>キヨハラさん

おぉv-3531巻読まれたんですね!
チト長いですが、あの怪しくも濃密な世界にどっぷり浸かっちゃってください♪
リンク&TBありがとうございました!
プロフィール

本読み人M

Author:本読み人M
8割方活字でできています。
ミステリや時代モノといった
エンターテインメント小説が大好物。
摂取した活字の感想を
吐き出して参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。